すべて重荷を負うて苦労している者は、私のもとに来なさい。

説教内検索

08 05

1.アブラハムの罪とハガルの涙

・先週私たちはイサク誕生の記事を、創世記21章前半を通じて読みました。そこでの主題は「笑い」でした。「神は私たちに笑いを下さった」とアブラハムとサラは感謝しました。しかし人生には、笑いと共に涙があります。創世記21章後半の記事は笑いの反対側に涙があったことを記します。アブラハムのもう一人の子、イシマエルの記事です。物語は16章から始まります。アブラハムは「子を与える」との約束を神から受けましたが、妻サラは不妊で子供が生まれる気配もありません。「子を与える」との約束から10年が経過し、アブラハムとサラは約束の成就を待ち切れず、自分たちの力で神の約束を満たそうとします。
・創世記は記します「アブラムの妻サライには、子供が生まれなかった。彼女には、ハガルというエジプト人の女奴隷がいた。サライはアブラムに言った『主は私に子供を授けてくださいません。どうぞ、私の女奴隷のところに入ってください。私は彼女によって、子供を与えられるかもしれません』。アブラムは、サライの願いを聞き入れた。アブラムの妻サライは、エジプト人の女奴隷ハガルを連れて来て、夫アブラムの側女とした。アブラムがカナン地方に住んでから、十年後のことであった」(16:1-3)。妻に子が産まれない時、側女に子を産ませて世継ぎを得ることは当時の慣習でした。
・こうして側女ハガルがアブラハムの子を身ごもります。しかし、側女が身ごもり、正妻に子がなければ、側女と正妻の位置関係が変わり、側女は正妻を見下すようになります。創世記は記します「アブラムはハガルのところに入り、彼女は身ごもった。ところが、自分が身ごもったのを知ると、彼女は女主人を軽んじた」(16:4)。嫉妬に狂ったサラは側女ハガルを追放するようアブラハムに迫ります。「私が不当な目に遭ったのは、あなたのせいです。女奴隷をあなたのふところに与えたのは私なのに、彼女は自分が身ごもったのを知ると、私を軽んじるようになりました。主が私とあなたとの間を裁かれますように」(16:5)。
・サラとアブラハムが為したことは、約束の成就を待たずに、自力で解決しようとしたことでした。二人は「子を授かる」のではなく、「子を造る」ことを選択しました。現代の人々も「子を造る」ために不妊治療に取り組み、多くの赤ちゃんが生まれていますが、同時に不妊治療の失敗による夫婦の別離等の副作用も生まれています。「子は授かる」ものでなく、「造る」ものなのか、考える必要があります。アブラハムはサラに求められて、ハガルの追放を黙認し、家から追い出します。「アブラムはサライに答えた。『あなたの女奴隷はあなたのものだ。好きなようにするがいい』。サライは彼女につらく当たったので、彼女はサライのもとから逃げた」(16:6)。これが「信仰の父」(ヘブル11:17)といわれ、「信仰の母」(1ペテロ3:6)といわれた二人が行ったことです。創世記は信仰の父と信仰の母の二人の醜さと罪を隠しません。

2.ハガルとイシマエルを愛される神

・ハガルは逃げて砂漠を彷徨いますが、そのハガルに主のみ使いが現れ、元いた場所に帰るように促します「主の御使いが荒れ野の泉のほとり、シュル街道に沿う泉のほとりで彼女と出会って、言った『サライの女奴隷ハガルよ。あなたはどこから来て、どこへ行こうとしているのか』。『女主人サライのもとから逃げているところです』と答えると、主の御使いは言った。『女主人のもとに帰り、従順に仕えなさい』」(16:7-9)。彼女は奴隷であり、故郷のエジプトに戻っても保護してくれる家はなかった。彼女はアブラハムの天幕に帰る以外に子供を安全に生む道はなかった。そのハガルに主はみ使いを通して、「私があなたと生まれてくる子を守る」と語られます(16:10-12)。思いがけない妊娠をし、誰にも相談できないままに子が生まれ、処理に困ってその子を殺したり、捨てたりする出来事が現代で起こっています。3千年前に解決されていた出来事が今日でも罪を生む要因になっています。
・女奴隷さえも気にかけてくださった神に、ハガルは感謝し、神を「エル・ロイ」(私を顧みられる神)と呼びます(16:13)。ハガルはアブラハムの天幕に戻り、アブラハムとサラも事の次第を聞いて悔い改め、ハガルを迎え入れ、彼女は子を産み、その子はイシュマエルと名付けられました。「ハガルはアブラムとの間に男の子を産んだ。アブラムは、ハガルが産んだ男の子をイシュマエルと名付けた。ハガルがイシュマエルを産んだとき、アブラムは八十六歳であった」。(16:15-16)。

3.イシマエルの追放

・その後、アブラハムとサラの夫妻に長い間約束されていた子が終に生まれました。サラは男の子を生み、アブラハムは子にイサクという名前を与えます。イサク(彼は笑う)、高齢のアブラハム夫妻に笑いが与えられたのです(21:1-4)。イサクの誕生でアブラハム家に笑いが生まれましたが、その笑いがやがて悲劇に変わっていきます。感謝してイサクを受け取ったサラが、今度は側室の子イシマエルの追放を画策するからです。創世記は記します「やがて、子供は育って乳離れした。アブラハムはイサクの乳離れの日に盛大な祝宴を開いた。サラは、エジプトの女ハガルがアブラハムとの間に産んだ子が、イサクをからかっているのを見て、アブラハムに訴えた『あの女とあの子を追い出してください。あの女の息子は、私の子イサクと同じ跡継ぎとなるべきではありません』」(21:8-10)。
・正妻に子が生まれる前、アブラハム夫妻は側女の子イシマエルを相続人として育ててきました。しかし正妻の子が生まれると、側室の子は邪魔になります。サラの信仰も自分の子を相続人にしたいという現実の利害の前に砕けます。アブラハムは二人の子を前に悩みますが、神はアブラハムに、「相続人はイサクであり、イシマエルは追放せよ」と言われます。「あの子供とあの女のことで苦しまなくてもよい。すべてサラが言うことに聞き従いなさい。あなたの子孫はイサクによって伝えられる。しかし、あの女の息子も一つの国民の父とする。彼もあなたの子であるからだ」。(21:11)。
・アブラハムはイシマエルとその母を追放します。「アブラハムは、次の朝早く起き、パンと水の革袋を取ってハガルに与え、背中に負わせて子供を連れ去らせた。ハガルは立ち去り、ベエル・シェバの荒れ野をさまよった」(21:14)。二人の生存は主に委ねられました。母と子は荒野をさまよいますが、やがて水がつき、死を覚悟します「革袋の水が無くなると、彼女は子供を一本の灌木の下に寝かせ、『私は子供が死ぬのを見るのは忍びない』と言って、矢の届くほど離れ、子供の方を向いて座り込んだ。彼女は子供の方を向いて座ると、声をあげて泣いた」(21:15-16)。しかし神はイシマエルとその母を保護されます。彼もまたアブラハムの子だからです。
・「神は子供の泣き声を聞かれ、天から神の御使いがハガルに呼びかけて言った。『ハガルよ、どうしたのか。恐れることはない。神はあそこにいる子供の泣き声を聞かれた。立って行って、あの子を抱き上げ、お前の腕でしっかり抱き締めてやりなさい。私は、必ずあの子を大きな国民とする』。神がハガルの目を開かれたので、彼女は水のある井戸を見つけた。彼女は行って革袋に水を満たし、子供に飲ませた」(21:17-19)。やがて子は「神がその子と共におられたので、その子は成長し、荒れ野に住んで弓を射る者となった。彼がパランの荒れ野に住んでいた時、母は彼のために妻をエジプトの国から迎えた」(21:20-21)。

4. 神は両者を祝福された

・今日の招詞に創世記25:7-9aを選びました。次のような言葉です「アブラハムの生涯は百七十五年であった。アブラハムは長寿を全うして息を引き取り、満ち足りて死に、先祖の列に加えられた。息子イサクとイシュマエルは、マクペラの洞穴に彼を葬った」。アブラハムの名前はコーランに245回現れるそうです(イブラヒーム)。アブラハムはユダヤ教・キリスト教の父ですが、イスラム教もまたアブラハムをその祖とします。そしてアブラハムの子・イサクがユダヤ民族の祖となり、同じくアブラハムの子イシマエルがアラブ民族の祖となります。アラブ人もユダヤ人も共にアブラハムの子なのです。このことの意味を私たちは考える必要があります。
・ユダヤ教は、イシマエルを正統な後継者ではないとして排斥してきました。それを継承する新約聖書でも、イシマエルへの肯定的な言及をほとんどありません。パウロはガラテヤ書の中で語ります「「アブラハムには二人の息子があり、一人は女奴隷から生まれ、もう一人は自由な身の女から生まれたと聖書に書いてあります。ところで、女奴隷の子は肉によって生まれたのに対し、自由な女から生まれた子は約束によって生まれたのでした・・・兄弟たち、私たちは、女奴隷の子ではなく、自由な身の女から生まれた子なのです」(ガラテヤ4:22-32)。しかしパウロの見方は、あまりにも民族主義的な、偏った見方です。創世記はそのイシマエルのために神は荒野にオアシスを開かれたと記します。神はアラブ人さえも祝福されていると創世記は記しているのです。
・イスラムの伝統では、イシマエルを全てのアラブ人の先祖とみなしています。イスラム教の開祖ムハマッドは「コーラン」の中で、みずからをイシマエルの子孫と称しています。神と神の使いの特別な加護のあった母子は神聖視されており、イシマエルを預言者、犠牲の子として、大巡礼におけるザムザムの泉への往復は荒野に追われたハガル・イシマエル母子を追体験するものとされています。今日、イサクの子孫であるユダヤ人と、イシマエルの子孫であるアラブ人は抗争を繰り返しています。この現実の中で私たちは創世記21章を読みます。アラブ人もユダヤ人も共にアブラハムの子なのであり、アブラハムはイサクとイシマエルの二人の子により、マクペラの洞穴に葬られたのです。父アブラハムの死を契機に、対立していた兄弟の和解が為された。今日、ヘブロンにあるマクペラの洞穴にはユダヤ教の寺院(シナゴーク)とイスラム教の寺院(モスク)が並列しておかれ、両者は互いを尊重しています。このマクペラの出来事がパレスチナ全土に広がる時、パレスチナは平和になることが出来るのです。アメリカのトランプ大統領はアメリカ大使館をエルサレムに移転させることにより、アラブ人とユダヤ人の和解の動きを阻害しています。アブラハムの墓がアラブ人・ユダヤ人の共同管理であることの意味を聖書から学ぶ必要があります。


カテゴリー: - admin @ 07時56分02秒

TrackBacks

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://shinozaki-bap.jpn.org/modules/wordpress/wp-trackback.php/901

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメント

_CM_NOTICE

15 queries. 0.068 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress