すべて重荷を負うて苦労している者は、私のもとに来なさい。

説教内検索

11 26

1.主の僕の死

・イザヤ書を読んでおりますが、今日が最終回です。イザヤ書40章以下はバビロンの地に捕囚されていたイスラエル民族の解放を歌う個所です。今日の53章もその解放の歌の一部です。イスラエルは紀元前587年にバビロニア帝国に国土を占領され、都エルサレムは滅ぼされ、ダビデ王家は壊滅し、王を始め主だった人々は捕囚としてバビロンに捕えられました。国が滅んだのです。古代においては珍しい出来事ではありませんでした。強い国は弱い国を滅ぼす、そして国を滅ぼされたものは民族も消滅していきます。しかし、イスラエルは国家としては滅びましたが、民族としては滅びず、捕囚より50年を経て、イスラエルの民がエルサレムに帰還するという出来事が歴史の中に起こりました。国を滅ぼされ、根無し草になった民族が50年の後に民族の同一性を保って故国に帰るということは、これまでの歴史になかったことでした。それを見た異邦の民は驚き、そこに神の働きを見ました。それがイザヤ53章の記事です。
・異邦の民は、「国を滅ぼされた民が50年の時を生き残り、帰ってきた」ことに驚いて語ります。「だれがわれわれの聞いたことを、信じ得たか。主の腕は、だれにあらわれたか」(53:1)。こんなことがありうるのだろうか、この出来事には神の意思(主の腕)が働いているとしか思えないと彼らは語ります。「そもそもイスラエルとは何か。彼らは世界史において何の重要性も持たない弱小民族ではないか。ダビデ・ソロモン時代に一時的に栄えたにせよ、大半はエジプトかメソポタミアの大国の支配下にあった。そして彼等はバビロニアにより、国を滅ぼされたではないか。都エルサレムは陥落し、彼等の信奉する神を祭るエルサレム神殿も焼かれたではないか。主だった人々は捕囚としてバビロンに連れて行かれたではないか。イスラエルは国を滅ぼされた。やがて民族としても滅びるだろう、私たちはそう思っていた」。それが2節の言葉です「彼は主の前に若木のように、かわいた土から出る根のように育った。彼にはわれわれの見るべき姿がなく、威厳もなく、われわれの慕うべき美しさもない」(53:2)。
・イスラエルが滅んだ時、異邦の民は思いました「彼等の神が弱いから、強い神に打ち負かされたのだ。彼らは滅んだ、それで終わりだ。弱いものは強いものに滅ぼされて亡くなる。それだけのことだ」と。その思いが3節にあります「彼は侮られて人に捨てられ、悲しみの人で、病を知っていた。また顔をおおって忌みきらわれる者のように、彼は侮られた。われわれも彼を尊ばなかった。」(53:3)。そのイスラエルが今故国エルサレムに帰ってきた。そして彼らは廃墟となっていた神殿の再建に取り掛かった。国を無くし、神に見捨てられたはずの民が復活した。捕囚の民がエルサレムに帰ってきたのを見た異邦の民はそこに神の働きを見ました「イスラエルは神の召命を受けた特別な民族かもしれない」と。4節です「まことに彼はわれわれの病を負い、われわれの悲しみをになった。しかるに、われわれは思った、彼は打たれ、神にたたかれ、苦しめられたのだと」(53:4)。
・イスラエルの帰還を通して神は何をされようとしておられるのか。もしかしたら彼らは何かの使信を持って帰還したのかも知れない。彼等の受けた苦しみを通して神は何かを伝えようとされているのかもしれない。その思いが5節にあります「しかし彼はわれわれのとがのために傷つけられ、われわれの不義のために砕かれたのだ。彼はみずから懲らしめをうけて、われわれに平安を与え、その打たれた傷によって、われわれはいやされたのだ」(53:5)。

2.イスラエルの使命

・イスラエルは国家としては前587年に滅んでいます。しかし、捕囚の苦しみの中で彼らは自分たちの存在の意味を探り、自分たちが神により選ばれ、特別な使命を与えられた民族であるとの自覚を持つようになります。その自覚の元に編集されたのが創世記であり、出エジプト記でした。旧約聖書の中心である律法の書(創世記、出エジプト記、レビ記、民数記、申命記)はこの捕囚時代にバビロンでまとめられたと言われています。国家を無くし、国民共同体としては滅んだイスラエルが、今信仰共同体として、聖書の民として戻ってきたのです。
・地上で迫害され、抹殺されたはずのものが帰還したのを見た迫害者たちはあ然と息を呑んで、帰国の民を迎えました。イスラエルはやがて神殿を再建し、バビロンの地で書き始められた聖書はその後も書き続けられました。紀元前3世紀頃にはイザヤ、エレミヤ等の預言書もまとめられ、旧約聖書は次第に正典として扱われるようになり、やがてギリシア語にも翻訳され、民族を超えて異邦人にも読まれ始めます。この聖書こそがイスラエル、後のユダヤ人に民族の同一性を保たせました。彼らは二度と国家を形成することはありませんでしたが、民族としては世界中に広がっていき、世界各地に彼等の礼拝所である会堂(シナゴーク)が立てられ、聖書が読まれました。ローマ帝国の時代には帝国人口の五分の一はユダヤ人であったといわれています。
・そのユダヤ人の中からイエス・キリストが生まれ、イエスはユダヤ教の会堂で教え、後継者であるペテロやパウロは、世界各地にあったユダヤ教会堂(シナゴーク)を拠点に福音を伝道していきます。イエスが十字架で死なれたのは紀元30年ごろですが、10年後の紀元40年ごろには帝国の首都ローマにキリスト教会が立てられました。歴史を振り返る時、イスラエルの民はキリストを準備するために国を滅ぼされ、民族は世界中に散らされ、その会堂を中心に使徒たちが宣教を行い、福音は世界中に広がっていったといえます。イザヤ書49章6節で預言された出来事が、本当の出来事になりました「私はあなたを僕として、ヤコブの諸部族を立ち上がらせ、イスラエルの残りの者を連れ帰らせる。だがそれにもまして、私はあなたを国々の光とし、私の救いを地の果てまで、もたらす者とする」。

3.私たちの出来事としてイザヤ書を読む。

・今日の招詞にヨブ記19:25-27を選びました。次のような言葉です「私は知る、私を贖う者は生きておられる、後の日に彼は必ず地の上に立たれる。私の皮がこのように滅ぼされたのち、私は肉を離れて神を見るであろう。しかも私の味方として見るであろう。私の見る者はこれ以外のものではない。私の心はこれを望んでこがれる」。イザヤ書を読んできましたが、その中から明らかにされたのは、「苦難には意味がある」ということです。
・苦難を通して人は神を求め、神の応答を通して歴史が形成されます。イスラエルはバビロニアに国を滅ばされることを通して、自分たちが何故砕かれたのかを求め、その求めの中で旧約聖書が編集され、聖書によって生かされる民に変えられていきました。イスラエルを滅ぼしたバビロニアも、そのバビロニアを制圧したペルシャも今はいません。更にペルシャを滅ぼしたギリシア帝国もローマ帝国も滅んで消え、彼等は今、遺跡の中にのみ存在します。しかし、イスラエルの民は2500年の歴史を生き抜き、同じ民族として現在も生きており、50年前の1945年には地上の国家として復活しました。彼等を生かし続けたものは明らかに、苦しみの中で与えられた聖書です。私たちも人生において多くの苦難に出会い、その苦難はある時には限界を超えているように思われ、絶望した人たちは自殺していきます。しかし、苦難には意味があり、苦難を通して神が語られていることを知る者は、その苦難が時の経過と共に祝福に変えられていくのを知ります。
・旧約聖書のヨブ記では、財産に恵まれ、家族に恵まれ、自分を正しい人間だと思っていたヨブに災いが起こり、財産を奪われ、息子たちを殺され、自身も重い病気に犯されました。彼は神を呪い始めます「何故あなたはこんなに私を苦しめるのか」と。その後の長い苦悩の中でヨブは、「神は神であり、自分は人間に過ぎない」ことを知り、悔改めます。その悔改めの言葉が今日の招詞です。「私は知る、私を贖う者は生きておられる」。人がこのことを見出した時、外面にどのような苦難があろうとも神との平和が与えられ、平安に導かれます。ヨブはイエス・キリストを知りませんが、彼は仲裁者を求め続けました。
・捕囚から帰国したイスラエルの民もキリストを知りませんでしたが、彼らを贖う神を知り、その神の業をイザヤ53章で表現しました。そして、このイザヤ53章こそが、キリストの教会を立ち上げていった聖句として知られています。初代教会の人々は、「この人こそメシアだ」と信じたイエスが十字架で死んで行かれる姿を見て、失望し、散らされていきました。その彼らが、復活のイエスに出会い、「やはりこの方はメシアであった」と再度信じ、宣教の業を始めます。しかし彼らはメシアであるイエスが何故十字架で死ななければいけないのか、わかりませんでした。
・聖書学者の大貫隆氏は、弟子たちがイザヤ53章を通して、イエスの十字架死の意味を知ったと述べます「イエス処刑後に残された者たちは必死でイエスの残酷な刑死の意味を問い続けていたに違いない。その導きの糸になり得たのは聖書であった。聖書の光を照らされて、今や謎と見えたイエスの刑死が、実は神の永遠の救済計画の中に初めから含まれ、聖書で預言されていた出来事として了解し直されるのである。彼らはイザヤ53章を『イエスの刑死をあらかじめ指し示していた預言』として読み直し、イエスの死を贖罪死として受け取り直した」(大貫隆「イエスという経験」)。捕囚から帰国した民の嘆きが、キリストの教会を生んだのです。
・人は平和の時には神を求めません、神などいなくとも暮らしていけるからです。そして世の出来事に一喜一憂して人生を送ります。多くの人の人生はこのようなものです。その時、ある人には苦難が与えられます。苦難を与えられた人は、最初はその苦しみを自分では解決しようとし、次には他の人の助力を求めます。そしてどうしようもなくなった時初めて、神を求め、神は求められた時には答えられます。E.ケーゼマンという神学者は語ります「信仰は常に自然的諸可能性の墓場を乗り越えて成長する」。人間の力が絶えた所から神の力が働くと彼は言うのです。苦難なしには滅びがあるだけで、苦難こそ神が与えられる祝福であることを、イスラエルの民の歴史は示しています。また私たち自身も人生の中で経験してきたことです。「私を贖う者は生きておられる、生きて私と関わりを持とうとされている」。これが福音であり、私たちの信仰です。私たちはこの福音を伝えるためにこの教会に集められているのです。


カテゴリー: - admin @ 08時13分25秒

TrackBacks

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://shinozaki-bap.jpn.org/modules/wordpress/wp-trackback.php/865

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメント

_CM_NOTICE

15 queries. 0.104 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress