すべて重荷を負うて苦労している者は、私のもとに来なさい。

説教内検索

12 16

1.ヨセフを通してのイエス生誕物語

・私たちはクリスマスを待つ待降節の中にいます。キリストが、どのようにして生まれられたかをマタイ福音書1章は語ります「母マリアはヨセフと婚約していたが、二人が一緒になる前に、聖霊によって身ごもっていることが明らかになった」(1:18)。人は通常は父と母から生まれ、両親がそろっている時、母の妊娠、子の誕生は祝福です。しかし、そうでない場合、子の妊娠が大きな波紋を招きます。ヨセフはマリアの許嫁でしたが、まだ婚約中で正式には結婚していません。その許嫁が身ごもった。ヨセフには身に覚えはありませんので、マリアが不義の罪を犯したと考えざるを得ません。そのためヨセフはマリアとの婚約を解消しようとしました。「 夫ヨセフは正しい人であったので、マリアのことを表ざたにするのを望まず、ひそかに縁を切ろうと決心した」(1:19)。この短い言葉の中にヨセフの苦悩が凝縮されています。
・神の選びにあずかるとは、必ずしもこの世の幸福を保障しません。否、むしろ苦しみを与えられる場合があります。「これから結婚しようという女性が自分以外の人の子を宿している」、ヨセフはこの事実を知って、苦しんだに違いありません。そして、「ひそかに縁を切ろうと決心した」、マリアの妊娠の事実が表ざたになれば、マリアは裁判にかけられ、村から追放されるでしょう。婚約中の不義は石打ちの刑と当時の律法には定められていました(申命記22:23−24)。
・来る日も来る日もヨセフは悩んだことでしょう。眠られぬ日が続く中でヨセフは夢を見ます。その夢の中で主の使いが現れ、ヨセフに「恐れず妻マリアを迎え入れなさい。マリアの胎の子は聖霊によって宿ったのである」(1:20)と述べます。主の使いは語り続けます「マリアは男の子を産む。その子をイエスと名付けなさい」(1:21)。ヨセフは理解できませんが、これを御旨として受け入れます「ヨセフは眠りから覚めると、主の天使が命じたとおり、マリアを妻に迎えた」(1:24)。

2.ヨセフの苦悩と決断

・イエス誕生の次第は多くの人々に困惑を与えてきました。マタイ福音書はその冒頭にアブラハムから始まってイエスに至るまでの42代の系図を掲げます。「アブラハムはイサクをもうけ、イサクはヤコブを」という風に父の系図が続きますが、イエスについては次のように語ります「ヤコブはマリアの夫ヨセフをもうけた。このマリアからメシアと呼ばれるイエスがお生まれになった」(1:18)。父の系図が突然母系に変わっています。ルカ福音書もイエスの系図を掲げますが、その中で「イエスはヨセフの子と思われていた」(ルカ3:23)と語ります。マルコ福音書ではイエスがナザレ村で「マリアの息子」(マルコ6:3)と呼ばれていたと報告しています。「父の名をつけて呼ぶ」のが慣例の社会では、決して好意的な呼び名ではありません。つまり、マタイもルカもマルコもイエスがヨセフの実子ではないことをここに告白しています。人間的に見れば婚姻外の妊娠であり、社会では不道徳な出来事とされます。しかし福音書記者は、これを信仰によって、「聖霊によって生まれた」と受け止めています。
・マタイ福音書によれば、ヨセフは「恐れず妻マリアを迎え入れなさい。マリアの胎の子は聖霊によって宿ったのである」との神の言葉を与えられ、マリアを受け入れて妻に迎えました。ヨセフは理解できない出来事を目の前に突き付けられ、苦悩し、「神様、何故ですか」とその不条理を何度も訴えたと思われます。そのヨセフの度重なる訴えに応えて、主の使いがヨセフに現れ、「マリアの胎の子は聖霊によって宿った」と示されたのです。現代の言葉に直せば、主の使いはヨセフに「マリアの生む子をお前の子として受け入れてほしい」と言われたのです。
・これまでヨセフは自分のことしか考えていませんでした。しかしマリアの立場に立てば、もしヨセフが受入れなければ、マリアと幼子は悲惨さの中に放り込まれることでしょう。もしかしたら生存さえ危ぶまれる事態になるかもしれません。当時は女性が自立して生きていける環境ではなかったからです。そのことを知ったヨセフは神の啓示を受け入れます。この時、ヨセフはイエスの「父となった」のです。こうしてダビデの血統に立つヨセフの受け入れによって、「アブラハムの子、ダビデの子、イエス・キリストの系図」(1:1)が満たされました。ヨセフは神の言葉を受け入れ、その結果マリアと幼子の命が救われました。ヤコブ原福音書12:3によればマリアがイエスを産んだのは16歳の時であったとします。現代日本では、10代の妊娠の60%は、赤子が人工中絶されます。理由は「相手と結婚していない」、「育てられない」からです。マリアとヨセフの苦悩は現代でも繰り返され、多くの事例において胎児を犠牲にする方法で対処されています。それに対しマタイは、「神に働きかけられた人の信仰により、悲惨な事柄も祝福の出来事になる」ことを伝えています。クリスマスの喜びは、深い悩みの中での、一人の信仰者の神との出会いと決断によって起こったのです。

3.苦悩の中から喜びが

・今日の招詞にマタイ1:23を選びました。「見よ、おとめが身ごもって男の子を産む。その名はインマヌエルと呼ばれる」。マタイはイザヤの預言がイエス誕生によって成就したと語ります。シリアと北イスラエルがユダヤを攻撃した時、「王の心も民の心も、森の木々が風に揺れ動くように動揺」(イザヤ7:2)します。イザヤは、こうした状況の中で、「おとめが身ごもって男の子を産む」と預言します。戦争に勝利して民族に解放をもたらす者が生まれる、勝利をもたらすメシアが来られるという預言です。700年前に為されたイザヤの預言が、今ここに成就してメシアであるイエスが生まれられたとマタイは記します。
・「その名はインマヌエルと呼ばれる」、ヘブル語で「神共にいましたもう」という意味です。「神はあなた方を見捨てない。どのような悲惨があなたがたの人生にあっても、神はそれを受け入れ、癒してくださる、神がそのような方であることを、生まれる子は証しするであろう」と、主の使いはヨセフに語ったとマタイは伝えます。クリスマスに起きたことは、「イエス=主は救いたもう」という名の子が私たちに与えられ、その子は「インマヌエル=神共にいます」ことを約束するとの祝福があったということです。イエスは、当時社会から排除されていた取税人や遊女たちと共に食卓に着き、それを批判したファリサイ人らに言われます「健康な人には医者はいらない。いるのは病人である」(ルカ5:31)。イエスは彼を必要とする人々と共にいて、その非難をあえて受け入れられたのです。復活のイエスはガリラヤで弟子たちに会われ、最後に言われました「私は世の終わりまで、いつもあなたがたと共にいる」(28:20b)。「あなたがたと共にいる」、「インマヌエル」です。「十字架で死なれたイエスは、復活されて今も生きておられ、私たちと共におられる」とマタイは証しします。マタイ福音書では、冒頭で神の御子が「インマヌエル」と預言されて生まれてきたと伝え、巻末ではイエスが昇天を前に弟子たちに、「私は世の終わりまで、いつもあなたがたと共にいる」と約束されたとマタイは記します。
・「希望の神学」を書いたユルゲン・モルトマンは語りました「私たちの失望も、私たちの孤独も、私たちの敗北も、私たちをこの方から引き離さない。私たちはいっそう深く、この方との交わりの中に導かれ、答えのない最後の叫び、『どうして、わが神、どうして』に、その死の叫びに唱和し、彼と共に復活を待つ。私たちのために、私たちの故に、孤独となり、絶望し、見捨てられたキリストこそ、私たちの真の希望となりうる。」(モルトマン説教集「無力の力強さ」)。私たちの信じる神は「天に鎮座したもう超自然の神」ではなく、「共にいますインマヌエルの神」です。「共にいて下さる」から、私たちの悲しみも苦しみもご存じです。だからイエスは「自分の民を罪から救う」ことがおできになるのです。
・聖書は私たちに「イエスは宣教の言葉を通して、また主の晩餐式を通して、臨在される」と教えます。しかし、現実の私たちはその臨在を感じとることが出来ません。私たちには何かが欠けている。私たちが、「臨在を感じることが出来ない」とぐちをこぼすのを止めて、「イエスは私のインマヌエルになって下さったから、今度は私が他の人のインマヌエルになろう(必要とされる人となろう)」と決意し、実行していく時に、状況は変わっていきます。ヨセフは「マリアの胎の子は聖霊によって宿った」と告げられ、人として信じられない出来事を目の前に突き付けられます。ヨセフはもし彼がマリアと幼子を受入れなければ、二人は悲惨さの中に放り込まれることを慮り、悩みぬいた末に神の啓示を受け入れ、マリアとその子を守っていこうと決意しました。こうしてヨセフはマリアと子のインマヌエル(必要とされる人)になって行くのです。
・マタイの描く「父」としてのヨセフは、妻に子を産ませることで自分の血統を伝えるのではなく、神が与えられた子の命を保護していく役割です。ヨセフはその役割を受け入れて生きました。成長したイエスは、村人から「私生児」と陰口されて苦しまれたでしょう。苦しまれた故にイエスは「自分の民を罪から救う」(1:21b)ことが出来ます。私たちの人生には不条理があります。理解できない苦しみや災いがあります。希望の道が閉ざされて考えもしなかった道に導かれることもあります。しかしその導きを神の御心と受け止め、自分を必要とする人のインマヌエルになろうと決意した時に、苦しみや悲しみが祝福に変わる。クリスマスはそのことを改めて私たちに示す時です。


カテゴリー: - admin @ 08時10分33秒

12 09

1.キリストの系図の中に、四人の女性たちの名がある

・アドベント(待降節)の時を迎えています。今年のクリスマスはマタイ福音書から御言葉を聞きますが、今日はマタイ1章前半にありますイエス・キリストの系図を見ていきます。イエスがどのようにして生まれてこられたかを記す歴史です。そこにあるのは男系の系図です「アブラハムはイサクを、イサクはヤコブを、ヤコブはユダとその兄弟を」という形で、父から子へ、子から孫へ、さらにはその子たちへと系図が展開していきます。その男系の系図の中に、四人の女性の名が出てきます。当時のユダヤは徹底した父系社会であり、系図の中に女性が登場するのはきわめて異例です。そして、ここに登場する四人の女性たちはそれぞれに暗い過去を持ちます。彼女たちは、異邦人出身とか、性的不道徳が批判されかねない女性たちです。その女性たちがあえて選ばれてこの系図に記されています。
・4人の女性の最初は3節のタマルです。彼女はユダの長男エルの妻でしたが(創世記38章)、夫エルは子を残さずに死に、次に弟オナンの妻となりますが、オナンも子を残さずに死にます。当時の慣習では三男と結婚すべきですが、舅のユダは三男まで死んでしまうことを危惧し、タマルを実家に戻します。当時、婦人が子を産まないで実家に戻されるのは恥ずべき事と考えられていました。タマルはその恥を注ぐために、遊女を装って舅ユダに近づき、妊娠して子を産みます。マタイは「ユダはタマルによってペレツとゼラを (生んだ)」(1:3)と記します。タマルは近親相姦により不義の子を産んだ女性なのです。
・5節に出てくるラハブは、エリコの遊女(ヨシュア記2〜6章)で、エリコを探るためにヨシュアが遣わした2人の斥候をかくまい助けた功で、ヨシュアから夫を与えられ、子を産みます。マタイは「サルモンはラハブによってボアズを(生んだ)」(1:5)と記します。遊女は当時の社会でも蔑まれる存在でした。その遊女がイエス・キリストの系図に入っています。5節後半のルツはモアブの女で、エリメレクの子と結婚しますが、夫と義父は死に、姑ナオミに従ってベツレヘムに行き、その地でエリメレクの親族ボアズと結婚し子を産みます(ルツ記4章)。マタイは「ボアズはルツによってオベドを(生んだ)」(1:5)と書きます。ルツは当時の社会で卑しまれていた異邦人の出身です。
・6節のウリヤの妻とはダビデの武将ウリヤの妻バテシバで、彼女は夫が戦場にいる時に、ダビデ王に見初められて床を共にし、妊娠します。ダビデはバテシバの夫ウリヤを戦場で死なせ、未亡人バテシバを妻として娶ります。このバテシバからソロモン王が生まれます(サムエル記下11‐12章)。マタイはここでバテシバの名前を出さずに「ウリヤの妻」とだけ記します。バテシバはウリヤの妻であってダビデの妻ではなかった。それなのにダビデはその夫人を無理やりに自分のものとした。「メシアはダビデの子から生まれる」と信じられていた時代に、そのダビデこそ罪びとであったことをマタイは強調しています。
・四人の女性に共通するのは、それぞれに人から罪びとと批判されるであろう、後ろめたい過去を持つことです。タマルは舅ユダとの姦淫を通して、子を生みました。ラハブの職業は娼婦で、ルツは異邦人でした。ウリヤの妻はダビデと姦淫を犯してソロモンを生んでいます。イスラエルの歴史の中にはアブラハムの妻サラやイサクの妻リベカ等、賞賛されるべき女性はたくさんいますが、彼らの名前は系図には現れません。逆に、異邦人であり、また性的不道徳が批判されかねない女性たちをあえて、マタイはキリストの系図の中に選んでいます。何故なのか、昔から、多くの人が疑問に思ってきたところです。

2.罪びとを受け入れられる神

・イエスはヨセフとマリアの長男としてお生まれになられましたが、マルコ福音書によれば、故郷ナザレ村の人々はイエスのことを「マリアの子」(マルコ6:3)と呼んだと記します。父兄社会では人は通常は父親の名前で呼ばれますから、イエスは「ヨセフの子」と呼ばれるべきであるのに、「マリアの子」と呼ばれています。この表現は「ヨセフの子ではなくマリアの子」、「イエスは私生児であった」という響きを持っており、ユダヤ人の中でイエスの出生に悪口をいう人たちがいたことを示します。キリスト教がユダヤ教から分離独立していったのは紀元70年ごろですが、母体のユダヤ教側では、「イエスがヨセフの子ではない」ことを逆手にとって、「イエスは私生児だった」と批判していたようです。
・そう批判されても仕方のない状況下でイエスがお生まれになったのは、事実です。マタイはその事実を踏まえ、仮に私たちの両親が、否、私たち自身がタマルやバテシバのように罪を犯した存在であっても、神は罪を犯す私たちの悲しみを知っておられ、それを赦しておられると主張するためにあえて系図の中に4人の罪ある女性たちの名前を挿入したと思われます。パウロは語ります「肉の弱さのために律法がなしえなかったことを、神はしてくださったのです。つまり、罪を取り除くために御子を罪深い肉と同じ姿でこの世に送り、その肉において罪を罪として処断されたのです。」(ローマ8:3)。
・四人の女性たちはそれぞれ罪を犯しましたが、それは生きるためにやむを得ない罪でした。タマルは舅の子を生みますが、当時の女性にとって嫁いで子を産まずに去るということは耐え難い屈辱でした。だから、あえて舅の子を生みます。その舅の子ペレツがイエスの系図を構成します。ラハブは娼婦でしたが、誰が喜んで娼婦になどなるでしょうか。恐らくは家が貧しく娼婦として売られた事情があったはずです。しかし、そのラハブの産んだ子から神の子の系図を構成するボアズが生まれています。ウリヤの妻バテシバはダビデに無理やり王宮に連れ去られ、夫はダビデに殺されています。バテシバの一生は決して平和ではなかった。神はこの女性たちの悲しみを知っておられ、それを憐れまれた。だから、彼女たちは神の子の系図に入ることを許されたとマタイは主張しているのです。
・この福音書を書いたとされるマタイも悲しみを知っています。彼は当時の社会の中で、嫌われ排除された徴税人であったとされています(9:9「イエスはそこをたち、通りがかりに、マタイという人が収税所に座っているのを見かけて、『私に従いなさい』と言われた。彼は立ち上がってイエスに従った)。しかし、イエスはそのようなマタイをも弟子として受け入れて下さった。イエスご自身も「私生児」と陰口されて、苦しまれたと思われます。それ故に「罪びと」と陰口されたマタイの苦しみも知って下さった。自分が差別され苦しんだ人こそが、差別に苦しむ他者を憐れむことが出来る。それを知るマタイだからこそ、キリストの系図の中に4人の差別された女性の名前を入れたのではないかと思えます。

3.罪の赦し

・今日の招詞にルカ7:47を選びました。次のような言葉です「だから、言っておく。この人が多くの罪を赦されたことは、私に示した愛の大きさで分かる。赦されることの少ない者は、愛することも少ない」。ルカは罪びとの赦しの物語を7章で展開します。「あるファリサイ派の人が一緒に食事をしてほしいと願ったので、イエスはその家に入って食事の席に着かれた。この町に一人の罪深い女がいた。イエスがファリサイ派の人の家に入って食事の席に着いておられるのを知り、香油の入った石膏の壺を持って来て後ろからイエスの足もとに近寄り、泣きながらその足を涙でぬらし始め、自分の髪の毛でぬぐい、イエスの足に接吻して香油を塗った」(ルカ7:36-38)。「罪深い女」とは娼婦や遊女を指す言葉です。
・宴席の主人シモンは評判の悪い女がそのような行為をするのに、イエスが拒絶されないのを見て、心の中で言います「この人がもし預言者なら、自分に触れている女がだれで、どんな人か分かるはずだ。罪深い女なのに」(ルカ7:39)。シモンの心中を推察されたイエスは彼に言われます「この人を見ないか。私があなたの家に入った時、あなたは足を洗う水もくれなかったが、この人は涙で私の足をぬらし、髪の毛でぬぐってくれた。あなたは私に接吻の挨拶もしなかったが、この人は私が入って来てから、私の足に接吻してやまなかった。あなたは頭にオリーブ油を塗ってくれなかったが、この人は足に香油を塗ってくれた」(ルカ7:44-46)。そして言われたのが招詞の言葉です「この人が多くの罪を赦されたことは、私に示した愛の大きさで分かる」。そしてイエスは女性に「あなたの罪は赦された。あなたの信仰があなたを救った。安心して行きなさい」と言われました(ルカ7:48-50)。
・この女性はその後どのようになったのでしょうか。ルカは何も語りません。しかし、罪を赦された者はもう罪の生活を続けることは出来ません。彼女はおそらく今までの生活と訣別し、新しい生活を始めたと思われます。イエスとの出会いは人生を根底から変える力を持っています。イエスは何故彼女を赦されたのでしょうか。それはイエスが悲しみを知っておられたからです。イエスご自身も「私生児」と陰口されて、苦しまれた、それ故に「罪びと」とされた女性の苦しみも知って下さった。
・神は私たちが弱さのために罪を犯すことを知っておられます。そして私たちが罪を認めた時、私たちの罪を赦されます。精神科医の神谷美恵子さんは、著書「生きがいについて」の中で語ります「罪深いままでよいのだ、ありのままでよいのだ、そのままでお前の罪は赦されているのだ、と。もしそのような声が世界のどこからか響いてくれば、罪の人ははっと驚いて歓喜の涙にかきくれ、とりつくろいの心も捨てて、あるがままの身を投げ出し、その赦しを素直に受け入れるだろう」(同書p156)。この赦しがマタイ福音書冒頭にあるのです。この赦しを経験した者は、もはや以前の生活には戻れません。だから、私たちは教会に来るのです。何故ならば、私たちもこの赦しを経験したからです。福音書の最初のページは赦しから始まっています。私たちはこのことに感謝し、「アーメン、わが主よ、あなたは生きておられます」と讃美したいと思います。


カテゴリー: - admin @ 08時04分35秒

12 02

1.マタイにおける復活顕現

・アドベントの時を迎えました。与えられた聖書箇所はマタイ28:16-20、復活されたイエスが弟子たちに世界伝道をお命じになるところです。何故、クリスマスを前に、復活のイエスの言葉を聞くのか、それはマタイの最後の言葉「私は世の終わりまで、いつもあなたがたと共にいる」(28:20b)がイエス生誕の時にも用いられているからです。「インマヌエル」、ヘブライ語で「神は私たちと共におられる」という意味で、マタイはこの言葉をイエス生誕時の受胎告知の中で用います「見よ、おとめが身ごもって男の子を産む。その名はインマヌエルと呼ばれる」(1:23)。「インマヌエルと呼ばれる方がお生まれになる」という約束がイエス生誕の時に為され、その方が「いつまでもあなたがたと共にいる」と約束して天に昇られた。マタイ福音書は「インマヌエル」という言葉で始まり、「インマヌエル」という言葉で閉じられています。インマヌエルの主とはどのような方であるのかを、クリスマスを前にした今、聞いていきます。
・28章でマタイは書きます「さて、十一人の弟子たちはガリラヤに行き、イエスが指示しておかれた山に登った」(28:16)。弟子たちはイエスの十字架刑時にその場から逃げ出し、故郷ガリラヤに戻り、その地で復活のイエスと出会います。その時の記事が今日のマタイ28章です。マタイは記します「そして、イエスに会い、ひれ伏した。しかし、疑う者もいた」(28:17)。「弟子たちはイエスに出会っても、まだ復活を信じることが出来なかった」ことをマタイは隠しません。弟子たちの中に、これは「幻覚」であり、自分たちは「亡霊を見ている」と思う者が居ても当然です。
・同時にこの箇所を、マタイは自分の教会の信徒に宛てて書いています。マタイ福音書が書かれたのは紀元80年頃、イエスの復活を直接に体験した第一世代の弟子たちは既に亡くなり、教会にいる第二世代、第三世代の弟子たちは復活顕現の直接体験をしていません。「見て信じる」ことさえ難しいのに,「見ないで信じる」ことはさらに困難です。初代教会の中にも「イエスの復活を信じることの出来ない」信徒たちがいた。その人々にマタイは「イエスは本当に復活された。11人の弟子たちは本当に復活のイエスに出会い、イエスから言葉を受けた。その言葉を私は使徒たちから聞いてあなた方に伝えるのだ」と語っています。その言葉とは18節以下の言葉です。「私は天と地の一切の権能を授かっている。だから、あなたがたは行って、すべての民を私の弟子にしなさい。彼らに父と子と聖霊の名によって洗礼を授け、あなたがたに命じておいたことをすべて守るように教えなさい」(28:18b-20a)。
・マタイはイエスの言葉を記します「私は世の終わりまで、いつもあなたがたと共にいる」(28:20b)。「いつもあなたがたと共にいる」、インマヌエルです。イン=共に、ヌー=われら、エル=神、「神は私たちと共に」が元来の意味です。イエスは死なれたが、宣教の言葉の中に臨在しておられる、それがマタイの信仰です。だから彼は「二人または三人が私の名によって集まるところには、私もその中にいる」(18:20)とのイエスの言葉を伝えています。人が祈りを合わせる時、イエスはそこにおられる、また主の晩餐式における言葉「取って食べなさい。これは私の体である・・・この杯から飲みなさい。これは私の血・・・である」(26:26-28)も、晩餐の時にイエスがそこに臨在されているという信仰を示しています。

2.インマヌエルの主に出会う

・マタイの信仰は、「十字架で死なれたイエスは、復活されて今も生きておられ、私たちと共におられる」というものです。私たちも同じ信仰を持ちますが、主の臨在を実感できないのが現実です。インマヌエルのキリストとの出会い体験がない故に、「疑いつつ信じる」という信仰生活になりがちです。2000年前にペテロやパウロが体験した復活のイエスとの出会いが、「私たち自身の体験」にならない限り、私たちの信仰は弱いままで終わり、やがて教会を離れるようになります。「信仰告白して洗礼を受けた人の半数以上は、数年のうちに教会から離れる」という悲しい事実こそ、インマヌエルなる方とのこの出会いが必要であることを訴えます。では私たちはどのようにして復活のイエスと出会うことが出来るのでしょうか。
・その出会いの一つを示すのが、トルストイの描いた民話「靴屋のマルチン」です。物語の主人公、靴屋のマルチンは妻や子供に先立たれ、孤独でした。彼は家族を自分から奪った神を恨み、生きる希望を失って、惰性で続ける仕事に支えられて毎日を送っています。ある日、教会の神父が傷んだ革の聖書を修理してほしいと聖書を置いていきます。マルチンは今までの辛い経験から神への不満をもっていましたが、それでも、神父が置いていった聖書を読みはじめます。そんなある日の夜、夢の中に現れたキリストがマルチンにこう言います「マルチン、明日、おまえのところに行くから、窓の外をよく見てご覧」。
・次の日、マルチンは仕事をしながら窓の外の様子に気をとめます。外には寒そうに雪かきをしているおじいさんがいます。マルチンはおじいさんを家に迎え入れてお茶をご馳走します。今度は赤ちゃんを抱えた貧しいお母さんに目がとまります。マルチンは出て行って、親子を家に迎え、ショールをあげました。キリストがおいでになるのを待っていると、今度はおばあさんの籠から一人の少年がリンゴを奪っていくのが見えました。マルチンは少年のためにとりなしをして、一緒に謝りました。一日が終りましたが、期待していたキリストは現れませんでした。がっかりしているマルチンに、キリストが現れます「マルチン、今日私がお前のところに行ったのがわかったか」。そう言い終わると、キリストの姿は雪かきの老人や貧しい親子やリンゴを盗んだ少年の姿に次々と変わりました。そして最後に言葉が響きます「私の兄弟であるこの最も小さい者の一人にしたのは、私にしてくれたことなのである」(マタイ25:40)。
・マルチンは隣人との出会いの中で、「インマヌエル」なる方と出会います。マザーテレサもそうです。インドで修道女となったマザーテレサが見たのは、貧しい人々が道端で死んで行く光景でした。彼女は修道院を出て、道端に捨てられた人々を救済する活動を始めます。彼女は語ります「先日町を歩いているとドブに誰かが落ちていた。引揚げて見るとおばあちゃんで、体はネズミにかじられウジがわいていた。意識がなかった。それで体をきれいに拭いてあげた。そうしたら、おばあちゃんがパッと目を開いて、『Mother、 thank you 』と言って息を引き取りました。その顔は、それはきれいでした。あのおばあちゃんの体は、私にとって御聖体でした」(粕谷甲一「第二バチカン公会議と私達の歩む道」)。御聖体、キリストの体です。マザーは死にかけている老婆を介抱することでインマヌエルなる方と出会ったのです。マルチンの話、マザーテレサの体験は、「私たちが『誰が隣人ですか』と問うのをやめ、その人のために行為すればその人は隣人となり、私たちは隣人を通して、インマヌエルなる方に出会う」ことを示します。

3.イエスの宣教命令を受けて

・今日の招詞にイザヤ7:14を選びました。マタイがイエス生誕時に引用したイザヤの預言です。「それゆえ、私の主が御自ら、あなたたちにしるしを与えられる。見よ、おとめが身ごもって、男の子を産み、その名をインマヌエルと呼ぶ」。イザヤの時代、シリアと北イスラエルはユダに侵略し、時のアハズ王は北の帝国アッシリアの支援を求めます。イザヤは反対し、「神に信頼して鎮まりなさい」と語りましたが、アハズは言葉を聞かず、アッシリアの援軍を求め、アッシリアはパレスチナに侵攻し、シリアと北イスラエルを滅ぼしました。その後アッシリアはユダを属国として支配します。神の言葉を語ってもアハズ王は聞こうとはしなかったので、イザヤは新しい王の出現を望みます。それがインマヌエル預言です。
・ここに期待される「男の子」とは、アハズ王の子ヒゼキヤを指し、彼は前715年に父に代わって王となりました。イザヤはヒゼキヤの即位をメシアの誕生として歌います「一人のみどりごが私たちのために生まれた。一人の男の子が私たちに与えられた・・・その名は『驚くべき指導者、力ある神、永遠の父、平和の君』と唱えられる」(9:5)。ヒゼキヤは即位するとアッシリアとの関係を絶ち、神殿から偶像を放逐しますが、そのヒゼキヤでさえ、後の危機の時にはエジプトに支援を求めます。イザヤはヒゼキヤにも失望し、新しい預言をします「エッサイの株から一つの芽が萌えいで、その根から一つの若枝が育ち、その上に主の霊がとどまる」(11:1-2)。クリスマスで読まれるメシア預言は、人間に絶望した預言者が神に救済を求める預言です。
・それから700年後、パレスチナに生まれたキリスト教会は、イザヤ7章インマヌエル預言にイエス・キリストの誕生の意味を見出します。「マリアは男の子を産む・・・この子は自分の民を罪から救う・・・主が預言者を通して言われていたことが実現する『見よ、おとめが身ごもって男の子を産む。その名はインマヌエルと呼ばれる』」(マタイ1:21-23)。マタイは福音書初めの誕生物語で、イエスの出現を「インマヌエル」(神は私たちと共におられる)という名で指し示しました(1:23)。物語の最後においても、復活者イエスが私たちといつまでも一緒にいてくださる事実を指し示して、「神は私たちと共にいます(イムマヌエル)」の句で締め括ります。同志社大学でユダヤ教を研究しておられる勝又悦子先生は語られます「イザヤ書に書かれている状況は、ユダ王国が置かれた戦争の状況です。今の私たちにとっての戦争は、個々人の心の中のさまざまな葛藤・悩み・不安・絶望として考えることができるのではないでしょうか。そして、そのような絶望、暗闇にあって、イザヤが発した預言の中身は「インマヌエル」=神が私たちとともにいるという、実にシンプルなフレーズでした・・・私たち自身も、さまざまな悩みや苦しみの中にあるかと思います。しかし、そのような個々人の闘いのなかで、「神が私たちとともにいる」ことを感じることで、心の闇や絶望に立ち向かう力を与えてくれるのではないでしょうか」(2013年10月9日京田辺水曜チャペル・アワー「奨励」記録から)。


カテゴリー: - admin @ 07時59分29秒

04 16

1.空の墓

・今日、私たちはイースター(復活祭)を祝います。イースターは教会にとって、クリスマスと同じく大事な日です。イエスは金曜日にローマの官憲よって十字架で殺され、ガリラヤから従って来た弟子たちは、「もう駄目だ、何の望みもない」と絶望していました。そのイエスが三日目によみがえり、弟子たちの前に現われます。当初、弟子たちは復活を信じることが出来ませんでしたが、イエスの声を聞き、体に触ることによって、イエスが本当に復活されたことを知り、イエスを「神の子」として礼拝するようになります。こうして、教会が生まれ、教会はイエスが復活された日曜日を「主の日」と呼んで、毎日曜日に礼拝を持つようになります。それが2千年後の今日でも継続され、私たちの行う日曜礼拝は全て、「復活記念礼拝」であり、その中心に位置するのが、「復活日=イースターの出来事」です。
・イエスは金曜日の朝9時に十字架にかけられました。その時、弟子たちは逃げていなくなっており、婦人たちだけが十字架の下にいました。午後3時にイエスが息を引き取られると、有力者であったアリマタヤのヨセフが、ピラトに願い出てイエスの遺体を引き取り、自分の墓に納めます。婦人たちは何も出来ず、ただ遺体が納められた墓を見つめていただけでした。翌土曜日は安息日であり、外出は禁止されていたので、婦人たちは安息日明けの日曜日の朝、香料と香油を持って、墓に向かいます。あわただしく葬られたイエスの遺体を洗い清め、ふさわしく葬りたいと願ったからです。しかし、墓の入り口には大きな石が置かれ、どうすればその石を取り除いて墓に入ることが出来るか、婦人たちはわかりませんでした。それでも婦人たちは墓へ急ぎました。
・墓に着くと、石は既に取り除いてあり、中に天使が座っているのを見て、婦人たちは驚き、怖れます。彼女たちは幻想を見ているのか。しかし、事実として、石は取り除かれ、遺体は墓の中にはありません。婦人たちは天使の声を聞きます「恐れることはない。十字架につけられたイエスは、ここにはおられない。復活なさったのだ・・・急いで行って弟子たちにこう告げなさい。『あの方は死者の中から復活された。そして、あなたがたより先にガリラヤに行かれる。そこでお目にかかれる』」(28:6-7)。婦人たちは恐れてその場を去りました。婦人たちが墓に来たのは、イエスの遺体を清めるためでした。イエスがよみがえられるとは、予想もしていません。だから怖れました。婦人たちは、「復活の出来事を弟子たちに伝えよ」と言われ、急いで帰り、報告しました。しかし、婦人たちの報告を聞いた弟子たちは「たわ言のように思えたので、信じなかった」(ルカ24:11)。婦人たちも弟子たちも思いもかけない出来事に動転していた様子を福音書は伝えます。

2.復活とは何か

・イエスの復活についての四福音書の記述は様々です。ただ、復活を信じることがいかに困難であったかについては、各福音書とも共通して伝えています。マルコはイエスの復活を告げ知らされた婦人たちが「震え上がり、正気を失った」と書き(マルコ16:8)、ルカは婦人たちの報告を聞いた弟子たちが「たわごとのように思われたので信じなかった」(ルカ24:21)と記します。マタイでは、復活のイエスに出会った弟子たちが「疑った」(マタイ28:17)とあり、ヨハネでは、報告を受けたペテロが遺体のなくなっている事を確認するために墓に急ぎますが、イエスの復活を信じなかったとあります(ヨハネ20:10)。復活はその出来事を直接目撃した人でさえ、信じることが難しい出来事だったのです。
・復活はそれが起こったどうかを客観的に証明することは出来ない事柄であり、私たちが信じるかどうかにかかっている信仰の出来事でもあります。荒瀬牧彦という牧師は青山短大で「キリスト教学」の講義を担当していますが、ある時復活について講義をした時の体験を語ります「ある短大のキリスト教学の授業で、復活の講義をした。聖書の復活記事を読み、『主はよみがえられたという叫びからすべては始まった』と話した。評者自身の復活信仰を交え、講義というよりは説教の調子で、情熱を込めて、説得的に語ったつもりだった。授業の後、聖書に関心を持ち、いつも良い応答をしてくれる学生は、苦笑して心底あきれたという口調で言った『本当にこんなこと信じているのですか』。アテネ伝道の挫折で打ちひしがれたパウロのような気分で教室を後にした」(本の広場2017年4月号、説教黙想書評より)。パウロのアテネ伝道の記事は使徒17章にあります。パウロがイエスの十字架と復活を語り始めると、アテネの「ある者はあざ笑い、ある者は、それについては、いずれまた聞かせてもらうことにしよう」(使徒17:32)と行って離れていきました。「本当にこんなこと信じているのですか」が、復活についての世間一般の考え方でしょう。
・「十字架と復活の言葉」は、どの時代、どの国においても嘲笑と拒否を招きます。それにもかかわらず、教会はこの福音を語り続けます。そこに真理があることを信じる故です。真理には客観的真理と実存的真理があります。客観的真理とは誰にでも理解しうる真理、科学的・実証的真理です。地球は丸い、人間は死ぬ、これらは誰にも異論のない、客観的真理です。それに対して、実存的真理とは、例えば「神が私たちを創造された」、「神が私たちを生かしておられる」、等の主観的な真理です。私たちが信じた時、それは真理となります。そして「真理は人を自由にする」(ヨハネ8:32)。仮に実存的真理を信じなくともとりあえずは困らない。しかし、信じた時、人生の意味が変わってきます。教会は、そのような真理があることを語り続けます。例えば、「隣人を愛せ」という言葉を考えた時、「隣人とはだれか」、「愛とは何か」、人によって受け取り方が異なるでしょう。しかし、本気で「隣人を愛そう」と思い、行動した時、人間関係が変化していきます。これもまた実存的真理です。

3.私たちと復活

・今日の招詞に1コリント15:3−5を選びました。次のような言葉です「最も大切なこととして私があなた方に伝えたのは、私も受けたものです。すなわち、キリストが、聖書に書いてある通り、私たちの罪のために死んだこと、葬られたこと、また、聖書に書いてある通り、三日目に復活したこと、ケファに現れ、その後十二人に現れたことです」。聖書はイエスの復活を客観的に観察して、それが事実であることを論証しようとはしません。むしろ、そんなことは信じられないという人々が、信じかねるような事件に出会って、変えられて行った事実を伝えます。復活を目撃した人々によって教会の中に伝承が形成されていきます。「キリストが死んだこと、葬られたこと、三日目によみがえったこと、よみがえったキリストが弟子たちに現れた」ことという復活の伝承を、パウロは最も大切な教えとして受け、伝えると語ります。
・復活は信じることが難しい出来事です。しかし、この出来事が世界史を変えていきました。イエスが十字架で死なれた時、弟子たちは逃げて、そこにいませんでした。日曜日の朝、弟子たちは「家の戸に鍵をかけて閉じこもっていました」(ヨハネ20:19)。弟子たちはイエスを処刑した人々が、自分たちも捕えるのではないかと怖れていたのです。その弟子たちが、数週間後には、神殿の広場で「あなたたちが十字架で殺したイエスは復活された。私たちがその証人だ」と宣教を始め(使徒3:15)、逮捕され、拷問を受けてもその主張を変えませんでした。弟子たちの人生を一変させる何かが起こったのです。それが「復活のイエスとの出会いだった」と聖書は語ります。復活信仰は人を新たに生まれさせる力を持っています。
・ロシアの小説家ドストエフスキーは、若い頃に社会主義の影響を受けて、革命運動に参加し、逮捕され、シベリアへ流刑になりました。流刑地で読むことを許されていた書籍は聖書のみであり、彼は4年間の獄中生活の中で、聖書、特に福音書を繰り返し読みます。そしてある時、「時が歩みを止める」体験をします。2000年前に書かれた聖書の出来事が、「今ここにある」出来事として甦り、時空を超えてイエスに出会う体験をしたのです。そして聖書を通して、世の出来事の意味がはっきりと見え始め、それを作品として発表し、その作品は多くの人々に人生を変えるほどの衝撃を与えるようになります。「罪と罰」、「白痴」、「悪霊」、「カラマーゾフの兄弟」等の名作が生まれた背景にあるのは彼の復活体験だと言われています。流刑地での聖書との出会いが無ければ、彼の作品は生まれず、彼の作品を通して信仰に導かれる人もいなかったでしょう。神は、シベリア流刑という不幸な出来事を通して、ドストエフスキーを祝福されたと私たちは思います。
・私たちは復活のメッセージの持つ豊かさを思い起こします。キリストの復活を信じる時、人生の意味は変わってきます。キリストは十字架上で権力者によって殺されました。しかし、神はそのイエスを「死人の中から起こされた」、神は悪をそのままには放置されないことを、私たちは復活を通して知ります。世はまるで神などいないような現実を示しています。しかし、どのような悪があろうとも、その悪はいつかは終わることを信じますから、私たちは悪に屈服しません。どのような困難があっても、神が共にいて下さるゆえに、私たちは絶望しません。神が必ず道を開いて下さることを信じるからです。私たちが復活を信じるということは、この世界が究極的には、「神の支配される良き世界」であることを信じることです。その信仰が希望をもたらし、希望は私たちに行動をもたらします。復活信仰は人間に生きる力を与え、人を「幸せな人生」ではなく、「意味のある人生」に導くのです。


カテゴリー: - admin @ 08時10分26秒

04 09

1.神の見捨ての中のイエスの死

・マタイ福音書を読んでおります。イエスは木曜日の夜に捕らえられ、死刑宣告を受け、金曜日の朝9時に十字架にかけられました(マルコ15:25)。十字架刑はローマに反逆した者に課せられる特別な刑です。受刑者はむち打たれ、十字架の横木を担いで刑場まで歩かされ、両手とくるぶしに鉄の釘が打ち込まれて、木に吊るされます。手と足は固定されていますので、全身の重みが内臓にかかり、呼吸が苦しくなり、次第に衰弱して死に至ります。
・マタイは記します「昼の十二時に、全地は暗くなり、それが三時まで続いた」(27:45)。聖書においては、闇や暗黒は神の裁きを象徴します。実際に天変地異が生じたというよりも、マタイがイエスの十字架死を終末の、神の裁きの出来事と理解したゆえの表現でしょう。3時になった時、イエスは大声で叫ばれました「エリ、エリ、レマ、サバクタニ」(27:46)。イエスの十字架刑には、ガリラヤから来た女性たちが立ち会っていました。彼女たちはイエスの断末魔の叫びをゴルゴダで聞き、それを聞いたままに弟子たちに報告し、やがてそれが伝承となり、福音書に取り入れられたものと思われます。アラム語で叫ばれたイエスの肉声を伝える言葉です。意味は「わが神、わが神、何故私をお見捨てになったのですか」です。
・イエスの最後の言葉「わが神、わが神、何故私をお見捨てになったのか」は、初代教会の人々に大きな衝撃を与えました。「神の子が何故絶望の叫びを挙げて死んでいかれたのか」、弟子たちはイエスの言葉を受け入れることができませんでした。この言葉は教会の敵対者にも絶好の攻撃材料を与えました「悲鳴をあげて敗北の死を遂げた者がメシア(救い主)であるはずはない」と、彼らは攻撃しました。それにもかかわらず、福音書記者はイエスの叫びを削除しませんでした。事実の忠実な報道であったからです。
・しかし、「神の子が何故絶望の叫びを挙げて死んでいかれたのか」という疑問を解決する必要がありました。そのような思いがイエスは最後に「詩篇22篇の冒頭の言葉を語られたのだ」という理解に導きます。「エリ、エリ、レマ、サバクタニ」は詩篇22編2−3節の言葉です。「私の神よ、私の神よ、なぜ私をお見捨てになるのか。なぜ私を遠く離れ、救おうとせず、呻きも言葉も聞いてくださらないのか。私の神よ、昼は、呼び求めても答えてくださらない。夜も、黙ることをお許しにならない」(詩編22:2-3)。詩篇22編は神から捨てられた信仰者の嘆きの言葉から始まり、やがてそれは救済を求める言葉に変わって行きます「主よ、あなただけは私を遠く離れないでください。私の力の神よ、今すぐに私を助けてください。私の魂を剣から救い出し、私の身を犬どもから救い出してください」(詩篇22:20-21)。そして最後に詩人は神への信頼を歌います「主は貧しい人の苦しみを決して侮らず、さげすまれません。御顔を隠すことなく助けを求める叫びを聞いてくださいます」(詩編22:25)。初代教会の人々は詩編22編を通して、「絶望しながらも神の名を呼び続け、神を信頼し続けたイエス」を見出しました。
・では現実のイエスは十字架上でどのような気持ちで死んで行かれたのでしょうか。この点に関し、聖書学者の廣石望氏は語ります「イエス自身は、自らの死をどのように理解したのでしょうか。詳細は不明です。はっきりしているのは、『イエスは人々の罪の贖いとして自らの命を捧げるという自覚をもって十字架についた』という理解は、復活信仰をふまえた原始キリスト教における再解釈だということです。この理解はそのままイエス自身の理解には遡りません・・・ではイエスはその死にどのような意味を見出したのか、この点について意見はさまざまです。私に最も本当らしく思われるのは、イエスは十字架刑で処刑されることに積極的な意味を見出せなかった、つまり絶望と共に死んでいったというものです」(2008.3.16代々木上原教会説教)。
・「イエスは絶望と共に死んで行かれた」、先の大震災では無念の内に2万人の人が亡くなりました。原爆で殺されていった人たちも、「わが神、わが神、どうして」と問いながら死んでいかれました。人生には多くの不条理があります。もしイエスが平穏の内に、神を賛美されながら、死んでいかれたとしたら、そのイエスは私たちと何の関わりもない人です。ある牧師は語ります「イエスもわれわれと同じように生きて、同じように死の苦しみと不安を覚えられた。この事実がイエスとわれわれの距離感を縮める。神の前では全てが受け入れられる。嘆き悲しむ時は嘆き悲しんでも良い。イエスですら死に臨み、悲鳴し、絶望したのだから、死に直面した時のわれわれの弱さとて義とされる。これは何よりも慰めになり、癒しになるのではないか」。

2.イエスの死の後で

・イエスの叫びを聞いて、周りにいた人々は言いました「この人はエリヤを呼んでいる」(27:47)。預言者エリヤは生きたまま天に移され、地上の信仰者に艱難が望むとこれを救うと信じられていました。そのため、人々はイエスの「エリ、エリ」という叫びを、エリヤの助けを求める叫びと考え、「エリヤが彼を降ろしに来るかどうか、見ていよう」と言いました(27:49)。しかし、エリヤは来ませんでした。イエスは最期に大声で叫ばれて息を引き取られます。何の奇跡も起来ませんでした。
・マタイは、イエスが息を引き取った時、三つの出来事が起こったことを記しています。「その時、神殿の垂れ幕が上から下まで真二つに裂け、地震が起こり、岩が裂け、墓が開いて、眠りについていた多くの聖なる者たちの体が生き返った。そしてイエスの復活の後、墓から出て来て、聖なる都に入り、多くの人々に現れた」(27:51−53)。「神殿の垂れ幕が二つに裂けた」ことはイエスの犠牲の死で神殿犠牲が無意味になったことを象徴しています。二番目の「地震」は神の裁きを意味するのでしょう。三番目の「聖徒の復活」は終末の到来を象徴しています。いずれも実際に起きた出来事というよりも、マタイ独特のイエスの死に対する象徴的解釈と理解すべきでしょう。
・マタイ福音書の読者は紀元70年にエルサレム神殿がローマ軍によって破壊され、今は廃墟となっている歴史を知っております。そしてユダヤ教徒がイエスを殺した罪のために、神はエルサレム神殿を破壊されたと理解しています。その思いがここに反映しているのでしょう。54節にイエスの処刑を指揮していたローマ軍百卒長が「本当にこの人は神の子だった」と告白する記事をマタイは挿入します。「絶望の中でなお神の名を呼んで死んでいかれた」イエスに、彼は「神の臨在」を見たのです。
・イエスの十字架刑の時、ただ婦人たちのみが立ち会ったとマルコは記します(27:55)。弟子たちは逃げ去っていました。イエスの仲間として捕えられるのが怖く、また十字架上で無力に死ぬ人間が救い主であると信じることが出来なかったのです。弟子たちはイエスを捨てました。しかし、婦人たちはそこに残り、細い糸はなおつながり、やがてこの婦人たちがイエスの埋葬を見守り、復活のイエスの目撃者になり、その出来事を通して弟子たちに信仰の回復が起こります。

3.イエスの十字架の中に神の臨在を見る

・今日の招詞に第二コリント7:10を選びました。次のような言葉です「神の御心に適った悲しみは、取り消されることのない救いに通じる悔い改めを生じさせ、世の悲しみは死をもたらします」。イエスは大声で、ほとんど非難するように、神に叫ばれました。神は見えません。闇が全てを飲み込んでいます。それにもかかわらず、イエスは「わが神、わが神、どうして」と叫ばれました。苦難がなぜ与えられるのか理解できない、神がなぜ沈黙されておられるのか分からない。しかし神はそこにおられ、この叫びを聞いておられる。その確信がイエスに「わが神、わが神」と叫ばせたのです。この叫びは信じる故の叫びであり、極限の中の信仰の叫びなのです。
・ヨセル・ラコーバーという人がいます。1943年にワルシャワのゲットーで殺されていったユダヤ人です。ワルシャワのユダヤ人たちはドイツ軍の攻撃の中で、次々に殺され、彼の妻と子どもたちも死に、一人ヨセルだけが生き残りました。彼は戦火の中で手記を書き、それを瓶の中に入れ、煉瓦の裏に隠しました。やがてヨセルも死んで行きました。戦後、その手記が発見され、出版されました。その中で彼は書きます「神は彼の顔を世界から隠した。彼は私たちを見捨てた。神はもう私たちが信じることができないようなあらゆることを為された。しかし私は神を信じる」(Yosl Rakover Talks to God by Zvi Kolitz)。
・神はイエスを十字架で見捨てられました。しかし、墓に葬られたイエスを神は起されます。ペテロは証言します「神はこのイエスを死の苦しみから解放して、復活させられました」(使徒2:24)。絶望の中で「わが神、わが神、どうして」と叫んで死んで行かれたイエスを、神は復活させてくださった。そこに私たちの希望の源泉があります。その時、私たちは叫びます「神の御心に適った悲しみは、取り消されることのない救いに通じる悔い改めを生じさせる」と。
・イエスの十字架上での絶叫こそ、神の御心に適った悲しみであり、私たちが本当に聞くべき言葉なのです。私たちが苦難の中でうめく時、そのうめきが祈りとなります。この信仰がイエスの信仰であり、私たちの信仰でもあります。神を信じる者だけが、神の不在に耐えることができます。世は神なき世界の有様を示しています。この中で私たちは「神の前に、神と共に、神なしに生きる」(ボンヘッファー)。イエスは十字架上で絶望しながら、なお「わが神、わが神」と神を呼び続けられた。そこにイエスの信仰があり、神はこの信仰に応えられた。多くの人がそれ故に、十字架のイエスに希望を見出してきました。「わが神、わが神、どうして」、この絶望の中の叫びこそ祝福への道なのです。


カテゴリー: - admin @ 08時09分20秒

24 queries. 0.172 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress