すべて重荷を負うて苦労している者は、私のもとに来なさい。

説教内検索

03 27

1.ヨシヤの死と王国の滅亡
・列王記をこの三ヶ月間読んできました。今日が最終回です。私たちが聖書日課として説教を行っています聖書教育誌は今週、列王下23章「ヨシヤの死」を取り上げていますが、ヨシヤの死については過去三回学んできましたので、今日は列王記のまとめとして最終章25章を読んでいきたいと思います。
・最初にヨシヤの死後、歴史がどのように動いてきたかを振り返ります。前609年ヨシヤ王はエジプトとの戦いで戦死し、ユダ王国はエジプトの支配下に入ります。ユダの人々はヨシヤの後継者として子のヨアハズを選んで王としますが(列王下23:30)、彼はエジプトの干渉により、三ヶ月で廃位され、エジプトに捕えられ、その地で死にます(23:34)。エジプト王はヨアハズの後継として兄のヨアキムを立てますが、今度はそのエジプトが前605年北シリアのカルケミシでバビロニア軍に破れ、以降パレスチナはバビロニアの支配下に入ります。 (続き…)


カテゴリー: - admin @ 08時08分47秒

03 20

1.ヨシヤの宗教改革とその挫折
・列王記を読んでいます。先週私たちは、ユダ王ヨシヤが発見された律法の書を読み、悔い改め、「このままではユダ王国は滅亡する」との危機感を持って宗教改革を行うも挫折し、やがて国が滅ぼされていった歴史を学びました。今週、私たちはヨシヤの行った改革を少し詳しく見ながら、歴史の中に働く神の摂理を再度考えてみたいと思います。前にもお話しましたように、何を信じるか、何を礼拝するかは、国家が、また個人がどのように生きるかを決定する基本的な事柄であります。 (続き…)


カテゴリー: - admin @ 08時10分21秒

03 13

1.申命記の発見とヨシヤの悔い改め
・列王記を読んでいます。先週はマナセからヨシヤに至るユダ王国の王たちの記録を学びました。学んで感じますことは、人は歴史の制約、あるいは定められた運命の中で生きざるをえないということです。ユダ王マナセは主の預言者たちを殺し、アッシリアの異教礼拝を取り入れ、悪王と呼ばれていますが、歴史を振り返った時、アッシリア帝国の強大化の中で小国イスラエルは従属する政策を採らざるを得ず、その結果異教礼拝(アッシリアの神々の礼拝)を導入することこそ国の平和を保つ手段でした。後継者ヨシヤは祖父マナセの導入した偶像を廃棄し神殿を改修しましたが、その背景にはアッシリアの勢力衰退があり、だからこそ異教礼拝の廃止が可能であったことを学びました。ヨシヤの改革の契機になったのは、ヨシヤ26歳の時の「律法の書」の発見でした。この律法の書は「原申命記」と言われています。マナセの時代に異教化した宗教を清めることによって国を再出発させようとした祭司たちが、宗教改革案をまとめたが発表できず、神殿書庫にその書を収めたものを、大祭司ヒルキヤが王に渡したものと推測されます。 (続き…)


カテゴリー: - admin @ 08時25分49秒

03 06

1.歴史に翻弄される王たち
・列王記を読んでいます。今日与えられた個所は列王記下22章ですが、ここにはユダ王国最後の改革を行ったヨシヤ王の記事が記されています。ヒゼキヤ王の時代、ユダ王国はアッシリアの侵略を食い止め、なんとか独立を保ちましたが、ヒゼキヤの子マナセの時代に入ると、アッシリアはその勢力を増し、ユダは再びアッシリアの属国となり、マナセはアッシリアの国家祭儀を再びユダに導入します。列王記下21章は記します「マナセは十二歳で王となり、五十五年間エルサレムで王位にあった・・・ 彼は主がイスラエルの人々の前から追い払われた諸国の民の忌むべき慣習に倣い、主の目に悪とされることを行った。彼は父ヒゼキヤが廃した聖なる高台を再建し、イスラエルの王アハブが行ったようにバアルの祭壇を築き、アシェラ像を造った」(列王記下21:1-4)。列王記はマナセほどの悪王はいず、彼の主に対する背信が、ユダ王国滅亡の原因となったさえ述べています。 (続き…)


カテゴリー: - admin @ 08時23分27秒

02 27

1.ヒゼキヤの死の病からの回復
・列王記を読んでいます。先週、私たちは圧倒的なアッシリアの大軍に攻められて窮地に陥ったユダ王国が、ヒゼキヤの祈りに答えられた神の奇跡的な介入によって救われたことを学びました。一人の信仰者の祈りを神が聞かれ、神が行為されたのです。祈りを神は聞いて下さる、そのことを先週は学びました。今週も列王記下20章を通じてヒゼキヤの信仰を学んでいきます。ヒゼキヤは死の病に罹りましたが、幸いにも癒されて、やがてアッシリアの支配からユダを解放します。今日はヒゼキヤの死の病からの回復の記事を通して、私たちは、「やがて来る死」について、どのように備えるべきかを考えてみたいと思います。 (続き…)


カテゴリー: - admin @ 08時38分32秒

24 queries. 0.039 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress